« 第93回 「島田無響の人と作品を語る」 | トップページ

2019年10月24日 (木)

第94回「自己の感性と表現を探り60余年」

2019年5月31日(金)

■講師:坂口清一

201905sala

画業60年を振り返って

Sakaguchi01

 

第94回例会は、画家坂口精一にお願いした。タイトルは、「60年の画業を振り返って」だった。

少し耳の状態が悪いようだったが、<60年の歩み>について熱をいれて語ってくれた。

港町岩内で誕生した時は、一貫350匁の体重で誕生したという。かなりビッグだったようだ。今でもがっちりした体型だ。後年祖母から双子で出生すると思っていた事などを聞かされた、という。

はじめに生地岩内について紹介してくれた。むかしから漁師の街であり、かつては鰊で栄えた。岩内山がそそりたち、海も河もあり風光明媚なところだ。そんな恵まれた環境から、木田金次郎など多くの画家も輩出している。一時小樽派と対抗する位に岩内派と呼ばれる程に画家が道展などで活躍した。

坂口は、少年の頃の風景を大切にしている。特に日本海が造りだす光や音、街の中の匂いや人々の会話が、ドラマチツクな動画となるという。海と共に歩んだ日々を想いだし、こう表現していた。「凪の日を喜び 大時化の日は悲しみを」感じていたと。どういうことか。凪の日は、海難事故もなく安全だが、時化になると大きな事故が起こり、死者が出たりすると悲しみが街を覆うということのようだ。

また自宅前には造船場があり、船の進水の日はいつも航海の安全と豊漁を祈っていたともいう。またこんな体験もした。貝塚発掘の体験をしたが、そこから眼には見えない悠久の歴史の存在に気づかされた。さらにアイヌ文化の素晴らしを学ぶことができた。こうした体験からアイヌ文様などを活かした作品も制作した。 こんなこともあつた。23歳の頃に油絵具一式購入した。F20号の「港」を描いた。その絵はある画家に評を請うと、画面全体に加筆した。その横暴さには唖然としたという。

Sakaguchi02

Sakaguchi03

この体験から、あることを確信した。指導者は「制作者の感性を理解し、表現に自信と喜びの道へと導くべき」だ。制作者は、「魂の奥底から湧き出る自身の感情を」を描くべきだと。その数日後9月26日に、町半分を焼き尽くした岩内大火に遭遇し、画材も描いた絵も消滅してしまった。

Sakaguchi04

 公募展にも出品した。道内では全道展に、道外では「自由美術家協会」(1937年創立)に出品し、昭和41年には会員に推挙された。

この画家は、これまで2度にわたって、「生命の光の体験」をしている。光、それはいのちのシンボルとなった。初日の出のサンピラに「いのち光」を感じた。また胃癌手術前日、カーテンの吊り金具部分をみていた。金具が冠に、カーテンが舞う装束にみえた。

坂口は、光を啓示と捉え、大胆な構図の中にそれを描いた。地から放射し、天を割いていった。このように独自な感性を生かして、絵画空間の中に生命の輝きを宿そうとしている。神秘的な光。それが絵画にエネルギーを付与した。これからも、生命の光が満ち溢れれる作品をみせてほしいものだ。(文責・柴橋)

« 第93回 「島田無響の人と作品を語る」 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第93回 「島田無響の人と作品を語る」 | トップページ