« 第89回「イタリアの歴史的な地域資源の保存活用」 | トップページ

2019年1月24日 (木)

第90回「 私の彫刻観 」

2018年11月30日(金)

○講 師=伊藤隆弘(彫刻家)

札幌市生まれ。長沼町在住。主たる展覧会への出品。「北海道立体表現展」 (101、03、06、08、10 道立近代美術館)「Boryeong Obsidian Sculpture Project」(韓国 保寧市 10)「旭川彫刻フェスタ 2010 10周年記念展」(道 「立旭川美術館・旭川市彫刻美術館) ハルカヤマ藝術要塞(小樽春香山 111315 に出品)「抽象彫刻 30 人展―北の作家たち」(本郷新記念彫刻 「美術館 11)「帯広コンテンポラリーアート 2016 ヒト科ヒト属ヒト」。「なよ 「ろ国際雪像彫刻大会」(13~17)「中国哈爾浜市国際雪像大会」(15)「ホワイトホーススノースカルプチャーチャレンジ」(カナダ15)に参加。


彫刻の可能性を探して

 
第90回レクチャーは、彫刻家伊藤隆弘にお願いした。伊藤は、現在は長沼町に住んでいる。レジメはなかったが、これまでの歩みをスライドで紹介しながら、テーマである「私の彫刻観」を展開してくれた。


Ito01

私は多くの彫刻家を知っているが、それぞれが彫刻となる素材との出会いがあり、彫刻家はその素材と出会うことで自分の世界を大きく広げていくことになる。

Ito02

伊藤は、特に石という物質が持つ量塊性に魅了された。さらに具象的形態よりも抽象形体に興味をもった。石との出会いは、大学で石彫刻家に師事したことがとても大きいようだ。師となる方は彫刻のメッカともいうべきイタリアで研鑽を積んでいた。師から技法を含めて様々なことを学び、ロダン、マリーニ、マンズー、さらに現代彫刻家マックス・ビルなどの仕事を知り、彫刻世界の広さと多様性に眼が開かれた。

実際に制作してみて、なによりも自らの内面から湧きでるものが、そこに宿っていないと作品にならないことに気づいた。

メディテーション(瞑想)を試み、心の奥にあるものを見つめながら、それが外に出てきて、形になるものを掴もうとした。当時は「地獄の思想」にも関心を広げたという。

このメディテーションが、制作する上で大きな生動力となった。これを通じて、彼岸(あの世)と現世(この世)についても認識するようになったという。つまりこのメディテーションにより、心の安定だけでなく、感覚を鋭くしたわけだ。
Ito03

ということは彼が造りだす形態には、生と死についての瞑想が介在していることになる。アジア的(東洋的)な思考方法を自らの生の処し方にいかしている、そんな内省的作家のようだ。私は、彼の彫刻作品は知っていたが、やこうした内面の深化を深める営みについては詳しく知らなかったのでとてもいい機会となった。

さて伊藤の作品には、円のフォルムがたびたび見られるが、それは心の奥にあるものと対話しながら、やはり導きだしたものであろうか。なぜなら円は宇宙全体そのもの、またリング(輪)でもあり、調和や円環するもののシンボルでもある。伊藤は、その円を至高のものとしているようだ。

制作する上で、大きな力となったことがある。場の力である。大学を卒業後、石川県にある吉野谷村に世話になった。とてもいい条件で住むことができた。吉野谷村は、小村であるが工芸の里として名高い。ここで豊富な材料を使い、彫刻三昧の日々を過ごした。
Ito05

武者修行のつもりで、様々な野外彫刻コンペ(神戸、宇部、須磨)にもチャレンジした。さらに各地で開催された彫刻シンポジウムにも参加し、現地制作を行い貴重な体験を積んだ。

今回スライドでみせてくれた作品の中でも、特に興味深かったのが、道内にある火葬場に置かれた黒い数点の作品だった。それらはまさに彼岸(あの世)と現世(この世)を繋いでいた。とても形態が黙しており、そこに深い精神性が宿っていた。

最近は、雪像制作でも活躍している。数人でチームを組みながら、現地制作をしている。雪を使って、短期間で制作する。制作費の援助もあり、これもなかなか面白いという。「なよろ国際雪像彫刻大会」での雪像制作を紹介してくれたが、コンセプトがしっかりしていて、作品としても価値のあるものだった。さらにロシアのクラスノヤルスク市で開かれる国際雪像コンテストやカナダや中国哈爾濱市国際雪像大会などにも参加している。国際的場でのさらなる活躍を期待したい。

Ito04

(文責・柴橋)   

« 第89回「イタリアの歴史的な地域資源の保存活用」 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第90回「 私の彫刻観 」:

« 第89回「イタリアの歴史的な地域資源の保存活用」 | トップページ