« 第81回 「手仕事と場仕事」 | トップページ | [現代絵画における瞬間と永遠 »

2018年5月 2日 (水)

第82回 「欧米の博物館から見た―先住民文化の展示」

第82回 2018年2月23日(金)

講 師: 出利葉浩司(北海道博物館学芸員)

1954年福岡市生まれ。北海道博物館学芸員(再任用)。北大文学部卒業。北海道開拓記念館学芸員、学芸副館長をへて2015年4月から現職。北星学園・北海学園非常勤講師、放送大学担当講師(博物館展示論)専門は文化人類学。主要論文に、「博物館と『政治的アイデンティティ』-北海道の地方博物館を例に」「北海道の先住民アイヌは環境とどのようにつきあったのだろうか アイヌの暮らしが私たちに語るもの」(吉田文和ほか編『持続可能な未来のために原子力政策から環境教育、アイヌ文化まで』所収など。

博物館への新しい視座を開示
Deriha01
 第82回レクチャーは出利葉浩司にお願いした。出利葉浩司は、北海道博物館(旧・道立開拓記念館)に勤務していた経験を踏まえ、さらに欧米の博物館見聞を生かしながら、博物館での展示を巡る現況と課題を語ってもらった。私達は、いつも見る側にいるが、美術館や博物館でどんな風にして展示を構成しているのか、知ることができた。今回、出利葉は、世界的な課題である先住民の権利と現況をどう展示に反映していくかといった、今日的問題について様々な観点から語ってくれた。


Deriha02 Deriha05
最初に、海外の博物館での、2つの対比的展示を紹介した。デンマーク国立博物館とカナダのグレンボー博物館。2つ並べてみても、はじめ深い差異に気づかなかった。しかし映像や説明をきいてみて、その差異は大きな問題を孕んでいることに気づくことができた。1つの展示は、単に人類の進歩を「年代順」に紹介するのではなく、神話世界から現在までを通史して、そこにある種のメッセージを含ませていく。また他方では、展示の中に、先住民の現況や生活を紹介しながら、一方的な展示スタイルを排除していた。こうした新しい視点を導入しながら、ある場合は、しっかりした歴史観と思想をベースにしながら、展示を現代化しているようだ。

次に博物館の歩みを、速足で紹介してくれた。その長い歴史を一言で括ることは難しいが、より簡略化していえば、はじめは王侯や貴族や権力者が、稀有なもの・高価なものを収集し、それらを独占的に所有し、閉じた空間で「開示」していた。次にキリスト教世界では聖遺物や、神が創造した「自然の産物」と、人間の創造物たる「人工物」、その双方を収集した。さらに大航海時代になり、非欧州世界と非白人を「発見」していく。絶対王政下では、王のコレクションは、政治や外交のツールともなった。彼らが所有する人工物(驚異的な)は、「知の独占」、つまり「世界の所有」を意味することになった。市民革命により、それが音を立てて崩れた。自由と平等の旗により、王の贅沢なコレクションが「公的な財」として市民に公開された。これがいわゆる博物館の始まりというわけだ。
Deriha03

こうした「閉鎖・独占」から「公開・共有」への動きを辿ってみて、改めて感じるのは、いまは当たり前になっている「公開・共有」の大切さである。「公開・共有」は長い歴史を通じて、まさに市民が獲得したものであるとこと、このことを忘れてはならない。こうしたことをしっかりと踏まえつつ、「自分達の博物館・美術館」という意識をもたねばならないことはいうまでもない。
Deriha04

もう1つ大きなテーマになっていることがある。大航海時代とその後の欧米諸国による植民地主義により、これまでの人間観や民族観が根元から改変を迫られたことだ。つまり簡単にいえば「世界の認識」が揺らいだわけだ。なぜなら「異文化」「異宗教」が流入し、非キリスト教世界が存在することを知り、と同時に「人間」そのものに対する理解が単一ではなくなったのだ。単一な人間観ではなく、白人、黒人、先住民、アジア人などを包括する人間観が求められた。
Deriha06

実際に、博物館のあり方や展示内容に対して、1970年代から先住民からのクレームの聲があがった。さらに1980年代には、展示内容そのものにも「意義申し立て」が起こった。あの有名な大英博物館でも、それが起こったという。アマゾン奥地に住む民族を紹介したが、「伝統的生活」だけを紹介しているが、「生存闘争」について触れていないと、抗議の声があがったという。さらにスポンサー企業と展示内容の関係も問われることもあるという。こうした抗議や異議ありの動向をうけて、展示の際には先住民達との「協働」が一般化してきているという。

Deriha07
レクチャーが終わってからも、参加者からアイヌの方々の人骨返還問題について質問がでていた。人骨返還の問題を解決していくためには、人類学の在り処が問われると同時に、これからは「死者の人格」という観点も必要になるようだ。

こうして現代社会においては、どんな国においても、民族との「共生思想」に基づいた博物館のあり方がもとめられているわけだ。(文責・柴橋)

« 第81回 「手仕事と場仕事」 | トップページ | [現代絵画における瞬間と永遠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362813/73552444

この記事へのトラックバック一覧です: 第82回 「欧米の博物館から見た―先住民文化の展示」 :

« 第81回 「手仕事と場仕事」 | トップページ | [現代絵画における瞬間と永遠 »