« 第71回「繋がっていく小さな出来事」 | トップページ

2017年4月25日 (火)

第72回「デザイン目で掴まえる~3D写真から一日一手まで」

72 2017224日(金)

講 師:市川義一(デザイナー)

1943年東京生まれ。広告代理店等の勤務を経た後、1974年札幌に移住。19923D写真展「Flight Landscape展」、2001年「数学あそび展」、2002年広島市江波山気象館ミュージアム「ラピュータ展」、2005年東京元麻布ギャラリー「市川義一個展」、2015500m美術館「札幌のデザイン展」。

著書:『ラピュータ』『グラグラ日記』。

作品掲載
CG STEREOGRAM』(小学館)

ORIGINAIL 誌』(ドイツ・マンハイム社)
3DLOVE』(東京都写真美術館・図録)


一日一手 その自在な精神運動が孕むもの

 

第72回レクチャーは、「サラ」のメンバーであるグラフィックデザイナー市川義一にレクチャーをお願いした。市川は、自在の人である。何が自在かといえば、精神の働きが自在ということだ。何せ、「発想」が自由で面白いのだ。その自在な精神の運動を存分に紹介してくれた。

Giichi1

まずこれまでの歩みを紹介してくれた、生まれは東京である。広告代理店や制作プロダクションで仕事をしてきた。1974年に札幌に移住し、1988年には、自らのデザイン事務所「フィールド・ノート」を設立した。

最初にみせたくれた市川の父の写真が印象に残っている。昔気質の職人、つまり手で物を造りだすクリエーターの相貌をもっていた。私は、市川のアートワークに特別の関心を抱いているが、それは手の技を大切にしているからだ。手の技や道具を重んじる、それは父のような江戸の職人技が影響しているのでないか。

Giichi2

私は、市川の個展もかなり前からみている。私の記憶では、1992年の「ギャラリー・たぴお」での「3D写真展」が最初だったような気がする。「3D写真展」はかなり変わった写真展だった。自然風景や人物肖像ではなく、サイズの小さな雲の写真だった。一時期、市川はこの「3D写真」にかなりのめりこんでいた。東京と札幌を往復するフライトの中で、窓の外で展開する風景(雲)に虜になり、それを撮り3Dで作品化していた。当時、同じ試みをしていたのが赤瀬川原平だった。市川も赤瀬川も、人が「裸眼立体視」ができることを活用して、行ったわけだ。さらに「雲の3D写真展 ラピュータ」を開催している。その後もグラフィックな技を生かして、ユニークな「数学あそび」にも挑んでいる。

Giichi3

 さて私は、今回レクチャーをお願いした最大の理由(わけ)は、手をつかって「日々の記録」にとり組んでおり、その深化・発展に関心を抱いているからだ。

一日に起こる出来事。それは膨大な情報量である。そこから自分に繋がるものをピックアップし、それを記録としてのこす。その選択に市川の問題意識(社会的な、文化的な)が反映することはいうまでもない。

Giichi4

この「日々の記録」つくりのスタイル、文学的にいえばどこか永井荷風的である。荷風は、40数年にわたり「断腸亭日乗」(日乗とは、日記のこと)を綴った。

市川の「日々の記録」もさまざまに変容している。たとえば墨と筆で「巻物」スタイルに設えたものもある。書字と絵、そのコラボがとてもいい出会いをしていて、私は長い時間かけて「読んだ」ことがある。そしてこう感じた。この長大な記録帖は、手づくりの「現代の絵巻」であると。

 このようにこのデザイナーは、手わざをとても大切にしている。AIの出現に象徴されるように電子脳が大手を振るう現代。情報が飛び交い、自分の場が見えなくなっている今という時間。だからこそ、私達は、自分の手と技に立ち戻るできではないか。やや大袈裟にいえば、「手の復権」ということになるが、そんな難しい言葉を使わなくてもいい。自分の手と脳を少し、使い、動かせばいいのだ。市川は、さらに「一日一手」を続けるという。手は、口以上にモノをいうのだ。そして手とは、原始以来綿々と、偉大な創造者であり続けているのだ。

Giichi5

これまで綴った作品を見せてくれたが、すでに凄い量となっている。この執念、この継続する意志の力。淡々にみえるが、続けることは至難のこと。

ぜひとも継続を期待したい。そこに何を記録するか、そこにどんな心情を吐露するか。何に怒り、何に悲しむのか、その実相をぜひともみたいのだ。(文責・柴橋)

 

 

« 第71回「繋がっていく小さな出来事」 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362813/70662863

この記事へのトラックバック一覧です: 第72回「デザイン目で掴まえる~3D写真から一日一手まで」:

« 第71回「繋がっていく小さな出来事」 | トップページ