« 第66回 「サグラダ・ファミリア/ガウディ没後100年・聖堂完成2026年」 | トップページ | 第68回「私の絵画制作とその見方」 »

2016年10月28日 (金)

第67回 私のやきもの

67 2016826日(金)

講 師:葛西義信(藍山窯・陶芸家)

1973年砥部焼窯元「梅山窯」入社。

1978年日本クラフトコンペ京都入選(京都勧業館)。

1981'81日本クラフト展入選(銀座、松屋)。

1982年余市町豊岡築窯「藍山窯」設立。

1983年朝日現代クラフト展入選(梅田、阪急)。

1985年東京・荻窪「銀座」個展、以降毎年開催。

1986年より札幌で個展。

現在栗沢町美流渡に藍山窯を開いている。



北の自然に育まれた器達

 

第67回レクチャーは、「私のやきもの」と題して、栗山・美流渡(みると)にすむ葛西義信(陶芸家)にお願いした。今回私は、このレクチャー準備にあたって美流渡にある葛西の工房「藍山窯」を訪れ、やきものを造る現場と作品などを拝見させてもらった。この時に制作する光景を撮影させていただき、それをレクチャー用の映像資料に活用させてもらった。そのこともあり、ここでは藍山窯の見聞を含めながら、レクチャーの内容を私なりの視点でまとめておきたい。

Kasai1

始めに葛西はこれまでの歩みを 短く語ってくれた。葛西は、1946年に天塩町生まれた。家は酪農(牛飼い)を営んでいたという。葛西は、故郷を離れ、関東へ出て仕事に就いた。働きながら、鎌倉にある佐助窯に出向いて、小竹章の「通い弟子」になった。さらに陶芸家を目指して、1972年には愛媛県にある歴史ある砥部(とべ)焼の梅山(ばいざん)窯に入社した。日々技法を磨きながら作品を造った。と同時に、意欲的に日本クラフトコンペなどに出品した。1982年には、独立して余市豊丘に藍山窯を設立した。朝日クラフト展などに入選(1983年)した。さらに自作を並べて荻窪「銀花」や札幌丸善で個展を開催するまでになった。一九九〇年から栗山・美流渡に移住し、現在に至っている。

Kasai3

Kasai2 

まず葛西は、北海道では数少ない「ろくろ成形」の磁器づくりをしている。私が、葛西に声をかけて、レクチャーをお願いしたのは、その磁器づくりの素晴らしさをみんなに知ってもらいたいと考えたからである。今回は、会場にたくさんの作品や道具類をもってきてみせてくれた。素材となる京都から取り寄せている石も持参してみせてくれた。  

私たちは、なかなか職人の手足となる大小様々な箆(へら)や布などの道具類をじかに目にすることはできない。だからとても興味深かった。特に梅山窯の先輩からいただいた道具は、まさに職人がいのちのようにして大切にしているものだったようだ。後輩にそれを預けることは、お前も「しっかりといい仕事をせよ」を励ましているようだ。また手製の小さな道具も使っている。私が関心を抱いたのが手製の米藁を捩じったもの。針金のようにシャープにカットする時に、力を発揮するという。工房でも感じたことだが、葛西の器を造る時の仕草をみていると、ほとんど無駄がないことに気づかされた。珈琲カップの手持ち部分、その補強の技も見事だった。熟練した職人技、その極みを感じた。

Kasai4

葛西は、人々が暮らしの中で使うものを造っているが、北の自然で出会った植物や花をモチーフにしている。葛西は、かつて案内状にこう書いている。「ここ美流渡も、山葡萄の葉が色づいてきました。山の熊も喜んでいる様です。美流渡の自然にかこまれてコツコツ作った器達」と。まさに美流渡の自然に囲まれながら、コツコツと器づくりに勤しんでいる。

Kasai5

いうまでもなく器達は日々使われることで、新しい光を放つことになる。そう考えると、器を造る仕事は、とてもやりがいのある仕事であるわけだ。たしかに小さな存在ではあるが、それが無いと生活に潤いがなくなってしまうし、心に安らぎが与えられなることもある。これが日常の中の美、その価値であろうか。

では葛西義信の器の美、その魅力とはどんなものであろうか。数点あげておきたい。

まずなんといっても美しくめぐる北国の四季を味わいながら、そこで感受したものを大切に制作していることだ。そして身近なものを素材にしていること。桜、芍薬、葡萄、木苺、カタクリ、梅などを白い肌に図柄として織り込んでいる。 白地はとても質素にみえるが、なかなか品がある。そして自然の中にある色を大切にしながら、色づけしている。またある時は、紅色や鉄絵を添えている。それらが白地によく映えている。

Kasai6

最後にこれからのことを少し語ってくれた。10月24日から29日まで時計台ギャラリー個展を開くという。

なにより今後も自分のスタイルを壊さずに、北の自然で出会ったものを素材にしながら、生活の中で生かす「器」づくりをしていきたいという。最後に「美流渡のアトリエに、どうぞあそびにきてください」といってくれた。(文責・柴橋)

 

« 第66回 「サグラダ・ファミリア/ガウディ没後100年・聖堂完成2026年」 | トップページ | 第68回「私の絵画制作とその見方」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362813/68151905

この記事へのトラックバック一覧です: 第67回 私のやきもの:

« 第66回 「サグラダ・ファミリア/ガウディ没後100年・聖堂完成2026年」 | トップページ | 第68回「私の絵画制作とその見方」 »