« 第64回 失われていく札幌の建築を見つめて | トップページ | 第66回 「サグラダ・ファミリア/ガウディ没後100年・聖堂完成2026年」 »

2016年8月 5日 (金)

第65回 震災地大船渡に築いた絆アート

65 2016624日(金)

講 師:原田ミドー(彫刻家)

1963年江別市生まれ。東京造形大学彫刻科卒業2003年~2004年アントニオ・ガウディ建築専門学校修了。

2005年より札幌白石サイクリングロード(現在ココロード)のトンネル内に地域住民とともにモザイクアートを施す。全トンネル完成は2025年予定。2011年より、2015年まで岩手県大船渡市にて復興モニュメント制作。

絆のモニュメント
Mido01


第65回は、サラメンバーの原田ミド―に「震災地大船渡に築いた絆アート」と題してレクチャーをお願いした。原田は、当日大船渡から戻ってきたばかりで寝不足のままの状態でレクチャーにのぞんだ。90分間、いかに大震災に向かいあったか、熱をいれて語ってくれた。最初にこれまでの「歩み」を紹介してくれた。

東京造形大学で佐藤忠良に師事した。忠良先生は、「対象をみつめて造形をきわめよ」「彫刻はうけを意識してはだめ」といわれた。ただ忠良先生は、厳しく造形を問い詰めながらも「ジーパン」や「帽子」など現代的感覚を持ち込んでいて、原田はそれに親しみを感じたという。

大学を卒業し、1997年に北海道に戻ってきた。しかし大きな彫刻の仕事ができないことに焦った。その後、北海道文化財団芸術家海外研修事業の助成をうけてバルセローナのガウディ建築学校に留学した。ホアン・ミロと協働制作しているアルテガスさんからは、「彫刻家なら社会との接点を築きながら、公共的な仕事にチャレンジしなければいけない」「芸術家は、街を新しく創造する」といわれた。それが大きな問題提起となった。それが現在、札幌で取り組んでいる「サイクリングロード・トンネル」の仕事や、今回の震災アートへと繋がってきているようだ。

Mido02 Mido03

さて原田は、震災が起こった2011年3月11日のことは忘れられないという。札幌の絵画教室で教えていた。自分の体もゆれ、テレビの画面も揺れた。そして仙台市の災害シーンが飛び込んできた。阪神淡路大震災の時もボランティアで行ったが、今度もすぐに「いなくちゃ」と想ったという。何かに導かれるようにして岩手県大船渡市赤崎町にむかった。現地の歯科医が土地を提供してくれ、さまざまなサポートをしてくれた。その歯科医は、「芸術家が100人いても、本当の芸術家は1人しかいない」「その1人が君だ」といってくれた。利害や採算をこえて、「苦しんでいる人のため」に何かをしてあげたいと考えること。そういう心を持つ原田だからこそ、「その1人が君だ」と宣言してくれたわけだ。

モニュメントを造る場は、海の近くだった。原田がみせてくれた写真には、流れてきた舟がそのまま放置されていた。そんな災害の記憶がまだ残る場で、セメントを練り、タイルを貼ることを始めた。幸運なことにタイルを提供してくれた業者がいた。また全国から来た1000人位の方々が作業を手伝ってくれた。最終的に35トンの材料を用いた。最初は、滑り台を構想したが、次第に変化していった。全体にグラデーションをうまく活用し、生気ある色彩にした。アーチには、バルセローナで見聞した「ガウディのアーチ」も取り込んだ。

Mido04

何度か滞在する中で、石巻の学校ではモザイクタイルの授業を行った。その時、1人の男の子と出会った。震災で母を亡くしていた。この子は天国にいる母に向けて詩を作った。みんな苦しみを味わいながら、それでも明日に向かって生きようとしていた。それに心を動かされたという。

Mido05

5年3ヶ月かけて、モニュメントが完成した。その間の制作光景をみせてくれた。それをみていて、これは大変な作業だったと感じた。あくまで原田は、他所(よそ)から来た人。だから地元の人とはどこか溝があったようだ。近くにきて作業をみていても、共に手を動かす人は多くはなかったという。

Mido06

タイトルを「明日へのラブレター」とつけた。原田には心に決めたことがあるという。「使命感に燃えて」ではなく、むしろ「造形物」が街の復興に少しでも役に立つことを第一にしたという。だから「明日へのラブレター」とつけた。深い言葉だ。「現在」よりも「明日」に託している。それは悲惨な震災を乗り越えて、この街の人々がこのモニュメントの周りに集まり、希望を抱いて「明日の時間」を生きること、そんなことを願ったのであろう。なかなか素敵なネーミングである。とかくモニュメントとなると、死んだ方々の追悼を意識したものになる。大船渡のモニュメントは、それとは違う。過去に向かず、「明日」という時間に向かっているのだ。(文責・柴橋)

« 第64回 失われていく札幌の建築を見つめて | トップページ | 第66回 「サグラダ・ファミリア/ガウディ没後100年・聖堂完成2026年」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362813/66846358

この記事へのトラックバック一覧です: 第65回 震災地大船渡に築いた絆アート:

« 第64回 失われていく札幌の建築を見つめて | トップページ | 第66回 「サグラダ・ファミリア/ガウディ没後100年・聖堂完成2026年」 »